Category Archives: Memo

コルダB♪S界における如月律像について

何万年ぶりのブログかな!?

こんにちは。
音楽劇「金色のコルダBlue♪Sky」にて、
人生初の舞台全通への道を歩んでおります、戸田です。
Twitter上ではつらつらと感想を上げたりもしているのですが、
とある点についてはとてもTwitter上では書ききれず、
この長文をどうしようかと悩んだ結果、
ブログの存在を思い出したのでここに書き散らかそうと思います。

これは私の脳内整理の記録であり、
決して考え方を押し付けるものではありません。

=====================

コルステ5公演の観劇を終えて、
これまで最愛キャラの律くんのことに触れてこなかったのですが、
だいぶ整理できてきたので、つらつらと綴ってみようと思います。

コルダ3が舞台化されるにあたり、
アニメ版のB♪S準拠な時点で、
律くんの描かれ方には期待してはいけないなと思っていました。

私にとっての律くんの萌えポイントは、
あんなにしっかり者に見えるのに天然で古風なところ、
音楽一筋なあまり、他の物事に疎いところ、
テンポの速い会話についていけないところなど、
「厳しい部長」とは違う側面の部分です。

B♪Sではこのような律くんの魅力を表現するシーンがありません。
アニメを見ていた当時は非常に残念ではありましたが、
コルステを何度も見ているうちに、
描かれる律くん像として間違いではないのだと気づきました。

なぜなら、そのような部分は、
かなでちゃんとの恋愛イベントで垣間見えるところだからです。

本当は穏やかで優しい人なのに、クールで厳しい人と誤解され、
本人の望まぬ「孤高のヴァイオリニスト」に祭り上げられても、
ひたむきに音楽の高みを目指し、仲間と作り上げる音楽を追求する。
コルステで描かれている如月律は、まさにその、
周囲に誤解された「孤高のヴァイオリニスト」の姿であり、
本当の律くんの姿は、かなでちゃんの目を通したゲーム内でしか
観客(プレイヤー)には伝わらないのです。
(ここは律かなクラスタの妄言と捉えて頂いても結構です笑)

コルステにおいては、
自由に楽しく弾きたいだけなのに、周囲に縛り付けられて、
自分の音楽を見失った響也の目から見たコルダB♪Sの世界が描かれています。
この世界線において、響也から見た兄・律は、
(無意識に目標にしてるけど!)(本当は大好きだけど!)
自分を置いていって星奏でエラそうに部長やってるいけ好かない存在であり、
周囲の雑音に悩まされることはないであろう、揺るぎない実力の持ち主。
(本当は自慢の兄でありながら)妬ましく思うほどに…。
やはり「孤高のヴァイオリニスト」としての律くんの姿が浮かび上がるのです。
ちなみに()内の補足がただの妄想ではないことを、
コルステのプロローグにて確信することとなり、

如月兄弟…!!!と頭を抱えた方も多いはず…
律くんに微笑みかけながら楽しそうにヴァイオリンを弾く響也こそ
本当の響也の姿なのです…ウッ;;;;;

このあたりが整理できた時に、ようやく納得できました…
「律くんの描かれ方には期待してはいけないなと思って」いたことが間違いだったと。

これこそが、正しく描かれた如月律の姿なのだと…!
これが、世界が見ている如月律なのだと…!!

「本当は穏やかで優しい人なのに」
こんな風にクールで厳しい人に見えてしまう、

これが如月律の苦悩であり、
この誤解を解けるのはかなでちゃんしかいないんです…!

コルダB♪S Feat.如月響也()においては、
これが正しい律くんの見え方なんです…!
たとえ頭の中が麦茶を沸かしそびれたことでいっぱいだったとしても、
周囲も含め観客から見えるのはクールビューティーな律くんの姿だけなんです…!
だってかなでちゃんが麦茶を差し入れに行かないと、
そんなこと知る由もなかったから…!

その思考に落ち着いてからコルステで律くんを追っていると、
もう言動のすべてに胸が苦しくなってきます…

そして、最後の最後、
響也のある言葉を聞いた律くんがとても嬉しそうに微笑み、
兄の顔をする瞬間を見て、心が浄化されるのを感じるのです…(合掌)

もし今、当初の私のように違和感を感じている方がいらっしゃったら、
このように律かな的都合のよい解釈で見てみてはいかがでしょうか。
見え方が変わって、別の楽しみ方ができると思います。

======================

以上、律くんの描かれ方に納得行っていなかったモンペが、
律かな的都合の良い解釈で腑に落ちました!!YEAH!!!!!
っていうだけの話でした。

あ、

コルステは控えめに言って
最っっっ高に面白いので

是非劇場でご覧下さい!!!!

 

懐かしの…

バトン!あの、一世を風靡したバトンという文化…数年の時を経て、今、再び頂きました!
敬愛する野菜生活先生、ありがとうございます…!!

1.いつもどうやってアイデアを出してますか?
二次創作では公式で印象深かったシーンから発展する妄想がほとんどです。
創作も含むと、犬の散歩でだだっぴろい田んぼを歩いている時、曲を聞いていてふと歌詞が心にひっかかった時、タイトルにしたいような言葉がポンと浮かんだ時に出てくるんですが、本気で「今日中にネタ出しするぞ」っていう時はお風呂でネタ出しします。
古くなってペン入れしにくいような原稿用紙とボールペンを持ち込んで、お風呂の蓋を机にして、汗びっしょりになりながら全裸でネタ出しをする様は、さながら一種の修行のようです。

2.アイデアが出やすい場所は?オススメがあったら教えて下さい♪
アッ!↑で言ってしまった!!お風呂で全裸で修行僧!オススメ!

3.作品を仕上げるのにどのくらいかかりますか?
凹むくらい遅いです…web用の気晴らし程度の落書き絵でも1時間くらいかかります。
漫画だと20P本でも丸2週間はかかりますね…。ハヤクナリタイ…;;;

4.今までで一番嬉しかった感想は?
どんなご感想も頂けるだけで本当にありがたいです;;;;でも私も「愛を感じる」と言って頂けるのは特に嬉しいかも。
あと、自分の全然知らないところで挙げられたご感想を、友達から又聞きしたりするとものすごくやる気出ますね…お世辞じゃなく本音で言ってもらえてるんだなって思えて…!

5.尊敬する人は?
・どんなに忙しくてもコンスタントに絵や漫画を描き続けている方
・締め切りを守る方
・何を描いても作品に「その人らしさ」がにじみ出る方
…自分もそうありたいです;;;尊敬してます!!

6.目標とかありますか?
早くこの沼のような同人輪廻から解脱したい(涙目)

7.書きたいジャンルは?
まだ描いたことないジャンルで言えば、「ファブスタイル」と「マージナルプリンス」に関しては、自分の中に滾る何かをどうにかしなければならないと思う。

8.回してくれた人の作品どう思う?
勢いがあるのに安定したデッサン力、キャラの魅力的な表情、お話に込められた想い、ブレないキャラ観、どれもこれも本当に素敵で心底ツボで、野菜さんの感性まるごと大好きです…!!お願いだから少しでいいからその作画スピード分けて下さいo(↑-↑)o

9.お疲れ様でした♪
地味に長くなってすいません…

回す人
そこそこまわってるみたいだからアンカーで…!(懐かしい響き)